So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょこっと小話 ブログトップ
前の10件 | -

過去と現在+未来 [ちょこっと小話]

 最近ある番組を観ていて、内容とは違う事を思い考え、
こーなのかな~?っていうのを書きます。
 以下の話は自分の中の妄想が多分に含まれていますので。。。

 『現在』を本当に人は捉えているのか?というもの
 何故こんなコトを思ったかというと、それは

 例えば人は物体がそこにある。というのを知るのは物体に光が当たって特定の光、
可視光線が目に入り、反応して電気信号になってから脳に行き事象を認識する
(↑細かい事の正否はここでは置いておきます)

 このことから
 ①物体から反射された光が目に届く⇒光は真空中を一秒間に約30万kmの速さで伝わる
というから、僅かな距離であっても差っていうのが生じるのかな?と。
 ②目に入った情報が脳に到達し、認識するまでの時間
 ①と②で視覚に時間に差がでてしまっているのかなと思いました。

 触覚でも、手で触って脳がどんなモノに触れたのか。とか
 聴覚は視覚よりも早く伝達して、理解する事が出来るらしいが、それでも誤差というか
時差のようなものがあるように思ってしまったりして……

 (↑もっと詳しくしようと考えたけど、専門的なことを調べたりメンド難しいから
  この程度で至る説明を終えます。)

 ⇒個人的な自分の考えの中での結果のお話
  このように微細な感覚の差があるのなら、この感じている世界は極僅かに前の
  過去を視て触れて感じているんじゃないかと思ってしまい
  ということは、現在というのは未来と一部くっついているのでは?と。
  ……はい。だたの独り言です。

 こんなことを数日間考えていました。
 ほんっっっっの少し前を感じ取っているとしたら、なんだか不思議な感覚だなぁ~なんてね
 過去を認識してるのかな?を考えていたら想像してる度に考えがグルグルと変な
答えの見つからない、堂々巡り状態になってしまって書くのに時間かかりました。
……これも正否は出てない、ただノートに書いた事を改稿して載せたっていう程度のです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうでもいい話 応用編? [ちょこっと小話]

この間の会社の休憩時間での出来事
いつものように休憩場所に行ったらある人に炭酸入りペットボトルのジュース
栓を開ける前にイタズラで振られてしまっていて困っている人がいました
キャップをそのまま開けると炭酸が吹き出て大変になることを想像してたんでしょうね
まだこの職場に来て日が浅いので解決をすることがキッカケになって
中に入りやすくなるかなという考えもあったので助け船を出すコトにしました

方法はかなり前にここどうでもいい話 K-Line編(2)で紹介したやり方をおしえました

振ってしまったペットボトルをヨコに倒してコロコロ~コロコロ~と
左右に転がすと炭酸が収まるよと説明しました
半信半疑でもやってくれたんだけど
やっぱり開けるのは怖いのか躊躇してましたね
そこでホントにダイジョブなのかと疑惑があったので問題の飲み物を
渡されてしまいました

まぁ転がしただけで収まるなんて思わないですしね
渡されてしまったからには実演して見せました
コロコロとやってから結果がコッチは分かっているので
躊躇うことなくキャップをひねり振る以前の状態の何事もない
炭酸入りジュースのようなパシュッっという音だけがでました

見ていた周りの人達はビックリしてました(^w^
これでちょっとは職場に馴染めるといいな~なんて思っていたら
原因を作った人から『でんじろう』みたいだな~と言われてしまった……
え゛~ なじぇ~ (TT
知っている事なんて殆どないんだから~(><;

しっかし実践で披露する事があるなんて思わなかったですね
これを知ったときは自分でパンパンになった炭酸を鎮めるためにするとかで
たま~~に使うくらいかな?というくらいの感じで覚えていたコトだったんで。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リモンチェッロ [ちょこっと小話]

お酒で一度は飲んでみたいものの一つ 
      それは 
    リモンチェッロ

ある本で見かけ、日本でも手にはいるらしいのでどこかで出会えたらいいなと思ってます


リモンチェッロ はイタリアのリキュールの一種
リモンチーノなどとも呼ばれる

 カンパーニア州のナポリ湾周辺(島嶼部含む)の
カプリ島、ソレント半島、そしてアマルフィ海岸の一帯が産地として有名
 糖度の高い果実酒。レモンの果皮を純アルコールに浸漬し
1ヶ月ほど直射日光に当てた後、果皮を取り出し
砂糖水を加え、さらに1ヶ月ほど置くリキュールの基本的な製法が用いられる
色はレモンの黄色
 もともとはソレントを中心とした地域で
各家庭ごとに庭で生ったレモンを使って作られ愛飲されてきた食後酒だったが
当地をバカンスで訪れる観光客によってイタリア全土からヨーロッパに広められ
現在では世界的に知られるイタリアの名産品のひとつとなった。
最近では日本での入手も容易である。レモンの香りが印象的で口当たりはよいが
度数は30%以上ある。冷蔵庫や冷凍庫(凍結しない)などでよく冷やし
食後酒としてストレートで飲むのが一般的な飲み方
 現在ではレモンを産する南イタリアの多くの地域で作られ
カンパーニア産以外では特にシチリア産が知られるが
品質的には芳醇な香りが特長のカンパーニア産のレモンを使ったものが最高とされる。


そのまま飲むのも良いけどピッツァパスタ等々イタリアっぽい食事をして
食後にクイっと……
ネットで調べて通販でもしようかな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クラシックを効果的に? [ちょこっと小話]

この間に続いて紹介します

頭が良くなる”かもしれない?”勉強法 第2回

以前クラシックを聴き始めたということを言っていたのは
いかに書かれている記事を目にした事が影響しているからです


――クラシックを聴きながら本を読む―― というもの
(下の文及び前回のは完全に近いコピペ。 
ここを偶然見つけた関係者様から反応があった場合変更します) m(_ _)m

 「モーツァルト効果」といわれるモノが一時期、話題になったことがあります。
 クラシックを聴くとIQ(知能指数)が上がるという、夢のような話で、
 特にモーツァルトの『2台のピアノのためのソタニ長調K.448』がいいと騒がれました。
 このモーツァルトの学習効果についての研究は、
 アメリカのラウシャー博士によってなされたもので、
 1992年に権威ある雑誌『Nature』に発表されて注目されました。
 そんなわけで、当時は日本でも受験勉強に効果的とも言われ、
 教育熱心な親御さんや学生の間でモーツァルトのCDが飛ぶように売れたそうです。

 ラウシャー博士の研究によると、モーツァルトに限らずクラシック音楽というのは、
 脳が喜ぶ要素がかなりあるようです。


 クラシックは右脳を心地良くさせるさせるだけでなく、
 ほどとんどの曲に「1/f ゆらぎ波」と呼ばれる波動が含まれており、
 それを受けることによって脳から大量のアルファ波が出て情緒が安定します。

 このリラックス効果が、作業記憶効率を高めるから、クラシックは学習効果を高めるのです。

 また、モーツァルトの陰に隠れてしまったものの、
 同じように学習効果が良く上がると言われてるのが、バッハなどのバロック音楽です。
 こちらはブルガリアのロザノフ博士らの研究によって、記憶力が高まることが証明されています。
 実は、先のラウシャー博士の時も、ベートーベンやショパンではダメだったが、
 バッハを聴くとIQが上がるという結果が出ているのです。
 しかし、趣味のためではなく、受験勉強のためにクラシック音楽を聴くという、
 日本での不可思議なブームは、すぐに沈静化してしまいました。
 なぜなら、聞いたあと1時間もすると効果がなくなるという事実が判明したからです。

 つまり、記憶力が良くなるのは、音楽を聴いている間とその直後だけ。

 でも、この効果を利用しない手はありません。
 例え、聞いている間だけでも記憶力がアップするのなら、ただ本を読むよりはるかに効果的です。
 これをするのとしないのとでは、雲泥の差がつくことでしょう。
 また、普段クラシックを聴かない人にとってはさらに効果的だと言えます。
 普段聴かない音楽を聴くことは、脳に非常に良い刺激を与えるのです。
 クラシックを聴きながら本を読むという習慣、興味がありましたら、あなたも是非おためしアレ。

と、聴いているだけで効率がよくなるようなことが書いていたから
クラシックしかもモーツァルトの『2台のピアノのためのソタニ長調K.448』が入っているアルバムを
レンタルして聴きました
実際に聴きながら本を読んでみたのですが目に見えて凄い効果といったのは無い気がしますが
普段は本なら本とそれ以外のは妨げになると思い無音に近い状態でいたので
ちょこっと新鮮な感じで読書中は耳を脳を刺激してましたね(←これも効果の1つなのでしょうか?)

余談でこの記事を見たとき
単に学習のため勉強のためじゃなくてもいい効果があるんじゃないかなと。
思い出したのは胎教にクラシックがいいとか以前、話題になってたような気がしました
母親のお腹の中にでも影響しようというのだから
例えば赤ちゃんがハイハイやオモチャで遊ぶときに聴かせても効果はあるのかな~と思いました
身近なところから広めていこうかな?でも余計なコトとあしらわれるかな?
まぁ完全に、間違いなく、とまではいかないかもなのでお奨めという風にしておきますかな (^w^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

香辛料 [ちょこっと小話]

『インドには、家庭の数だけガラム・マサラがある』

ヒリヒリと辛いインド料理の常備品
ヒンズー語で「ヒリヒリと辛い混合スパイス」という意味を持つ「ガラム・マサラ」
何種類かのスパイスを独自の処方で組み合わせたインドを代表するスパイス

あるものはかるく焙り、またあるものはそのまま粉砕して用い
ふたつきの容器に入れて備え、カレー粉に最も近く使用頻度も高い調味料です
特殊な料理用に作られたものではなく、インドではカレーをはじめ、さまざまな料理に広く用いられています
商品化もされていますが、普通は家庭ごとに独自の処方で作られています

カレー粉が料理のたびに砕いて調合されるのに対し、ガラム・マサラは
何日分かを作りおいて常備するのが一般的
通常3~10種類のスパイスを配合して作りますがその処方は実にバラエティ
肉用、魚用、野菜用など料理によって作りかえたりもします
また、辛いスパイスを使わない香りのスパイスだけを配合したものを、単に「マサラ」と呼んでいます。



たまに原材料名の場所にガラム・マサラと書いてあるものを見かける度に
ガラム・マサラは混合スパイスと理解して
ならその合わせたスパイスは何?と思ってしまいます(企業秘密?)
2種類以上を混ぜればガラム・マサラと名乗ってしまえるかもと感じてしまうから……
ガラムマサラが入っている=本場ではないかもね
上に書いてあるように
インドの一般家庭ごとに違い、家庭の数だけオリジナルで無数の種類があるスパイスなのですから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勉強時の工夫? [ちょこっと小話]

昨日はアレだったので今日はこんなんで

題して 頭が良くなる”かもしれない?”勉強法 1回目

勉強というと教科書参考書など本を読むという事が多い
そして根を詰めてすると疲れてしまう
そこで……
効果的なだと思われる読書法の一例を紹介します
(以下の解説文章はあるHPからの引用の文です)


――花の香りで脳を刺激する――

 あるドイツの有名作家の話です。
 彼は書斎の机に向かっていて、創作活動に行き詰まりを感じると
 決まって机の引き出しを開けて、あるモノを取り出していました。
 そのあるモノとは、腐りかけのリンゴ。
 彼はその腐りかけのリンゴの匂いをかぎ、その刺激によって
 行き詰まった頭を回転させるようにしていたといいます。
 ちょっと、これは極端な話ですが

 本を読む際には何かいい香りのするモノ……
 花や芳香剤を用意しておいた方が良いです。

 それが、疲れた頭への刺激剤になって、読書能率を上げてくれます。
 また、適度は香りには、マスキング効果もあります。
 部屋の中にこもっていると、次第に空気が悪くなっていきますよね。
 すると、部屋の匂いも良いモノではなくなり、頭の回転を鈍くしてしまいます。
 そんなイヤな臭いを打ち消すためにも、花や芳香剤を用意しておくのです。 
 あまりキツすぎる香りだと逆効果になりますから、
 芳香剤ではなくラベンダーやフィリージアといった花を部屋に飾っておいた方が良いでしょう。
 花は、ただそこにあるだけで癒し効果を発揮し、脳の疲れをいやしてくれます。
 ぜひ、あなたもお部屋に一輪の花を飾ってみてください。


というものです
生花は飾ってはいませんが、コレを見てからは
部屋の芳香剤をラベンダーに換えました
勉強をいう勉強はしてないと思うのですが本は読んでいるので
脳を刺激する効果があればいいな~と思っています

 次回に続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なっとうきなーぜ [ちょこっと小話]

そんなに学もないしアレなんだけど
今日は少しだけ納豆を書こうかな
キッカケは単純。晩ご飯に納豆を食べたから 「あ、これにしよう」てな感じで(^^

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

にゃあんす [ちょこっと小話]

ふと日常で思ったこと
学が足りないから外に出ていて調べる術もないときに
「なんて言うんだっけ?」というのがありました

それは
『同じ』って英語でなんて言うか というもの
家のPCで翻訳すると
『同じ』 が 『It is the same.』 になりました
へぇ~ そうだったのか~と思いながら今度は
『It is the same.』 の方を翻訳してみると
『それは同じです。』 となりました
……長くなった

どっちも同じ意なんだろうけど翻訳を繰り返すと
段々違ってくるのってのは面白いですね
意味は同じでも微妙な意味合いは違っているんだなーと改めて思いました。

ちなみに 『対』を英訳すると『Pair』になって『Pair』を和訳すると
『組』になってこれを英訳すると『Class』で和訳は『クラス』で変化がストップ

まぁ試したソフトは1つだけ。翻訳エンジンでの違いもあるから他のだったらどうなるんだろうと思う今日この頃


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっはっは [ちょこっと小話]

最近と言っても去年の冬のころに知ったこと

キシリトール入りの歯磨き粉で歯を磨いていて
そのあとの水を含んですすぐ回数を少なめにというような話を耳にしました
要はすすぐ回数が多いとキシリトールまで出ちゃうらしいです
それからは最小限と思われる 2回。やっても3回と心がけています

前から思っていたことはいつも適当な時期に交換していた
歯ブラシ
これってどのくらいがベストなんだろ~?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうでもいい話 K-Line編(2) [ちょこっと小話]

きりん 「今日はK-Lineがするんだね
K-Line 「うん えとねー 前にある人に言ったんだけど
”ペットボトルの形について”
ペットボトルの底が山型になってるのは炭酸飲料で、平坦なのは清涼飲料水なんだよ~

いぬひこ 「んーな事誰でもわかってるだろ~?あんま面白くないなソレ

K-Line 「チッチッチ分かってないな~いぬひこは ここからが本番なのだっ(= ̄▽ ̄=)V

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ちょこっと小話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。